調子に乗ってはいかん

と書くと、何のことかと思うだろう。
人間は調子に乗る動物なのだ。
事故を犠牲にして、正義や理想に生きようとする者は、
真っ先に滅んでいったのだ。
残っているものは、正義や理想を棚に上げて、
他人を犠牲にして生きてきた者の子孫だ。
そう、あなたも私もその中の一人。
しかし、その中に、いやまてよ「正義や理想」は
どこかにある筈だと思うものがかならず現れる。
しかし、調子に乗って失敗する。
悲しいもんだな。人間は。とジジイは考える。

過大評価を与えるマスコミ

ぴょんちゃんオリンピックで、「美女応援団」とかやっていたが、
何が、どの辺が「美女」なのか不明だ。
あれが「美女」なら、その辺に歩いている若い女はみんな「超美女」に
なるだろう。
テレビには、こういう過大評価を与える機能があるらしい。
例えば昨日のテレビは、こっちを回しても、あっちを回しても「T」が
でていて閉口した。「ふぃふぃふぃふぃふぃふぃ・・・」(大爆笑)という
やらせはさすがにキツイ。視聴率はほかのタレントがした方があがるだろう。
それでも、何らかの事情で出ている「T」。理由はなんとなくわかる気がするが、
・・・。そのほかにも引っ張りだこの「???」タレントが数名いる。
ああ、世の中は理不尽でできているといって間違いないよ。
子供たちへ、理不尽な世の中で成功するには努力ではない、「人たらし」という
才能が必要なのだよ。
でも、成功を考えずに努力することの方がよっぽど立派なことだと、じじいは思う。



テレビ雑感

当たり障りがあるかもしれないが、テレビを見て考えたことを書いてみる。
もともと、テレビをしっかり見ることはまずなく、テレビをBGMにしながら、
パソコンなどの他の作業をしたりしている。
この二週間、ぴょんちゃんオリンピックだの、やっていたが、
そもそも、私は他人が頑張るのに、自分を一体化して手に汗を握って応援する
というのが、嫌いだ。
したがって、ほとんどオリンピックを見ていない。やっと終わったという感じだ。
金だ、メダルだと、必死になる選手を、国民が一体となって応援し、まるで自分が
偉いように酔っていると、テレビは放送する。
そもそも、スキーやスケートの選手が勝った負けたで、勇気をもらうなどという
ゲスな考えはやめた方が良い。
ともあれ、オリンピックは終わった。テレビは当たり障りのないバラエティーと
天気予報にてっしてほしい。