「川端康成」雑感

「川端康成」賞など、もらってくれと言われても断る。
(むろん、応募したことも、もらってくれと言われたこともない。
成り行きで2チャンネルに書いたので、収集しておく) 
変態的な実生活しか書けない無才能の作家という評価しか出ない。
少女から芸者迄、弱い立場の女にストーカー的に固執するだけの自己中の内容が、
圧倒的に浅く、つまらん。尊敬する要素が何一つない。
エロ作家のほうがましだと思うよ。


かように、世の中は流れで、泥石が浮かぶこともあるという一例にすぎない。
「石が浮かんで木の葉が沈む」
政治の世界から子供の世界まで、世の中は理不尽に満ちている。